30秒で知っとこ☆今週の気になるベストヒット☆

流行と宣伝のあいだを解説するゆるいブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

お笑いとTV

不景気にはお笑いが人気になるというジンクス?があります。

そこで!
前回の「一億人~」を読んで、今までTVなんて見てもしょうがないと思ってたけど、
TVの中に凝らされている工夫を見つけるのがおもしろくなってます。
特にバラエティはものすごく役立つんじゃないだろうかとビビッてます。
それは番組の内容じゃなくて、

TV独特のあの軽くて明るいノリは、視聴者をひきつけるため。
ゲストのキャッチボールのしかたも瞬発力が鍛えられそうだし、
紳助やさんまなんかのMCは営業マンの勉強になりそうだし
(実際お笑いを観にいく営業マンが増加中だそうな)

「TVは影響力が小さくなった」といわれ続けているものの、全くそう思いません。
納豆がスーパーから消えるのも、バナナが八百屋から消えるのも、
ソフトバンクが人気になったのも、マイケルジャクソンの話題が世間話によく出てくるのも、
少なからずTVの影響でしょう。

ところで最近、新聞や雑誌だけに取り上げられて「話題」になったものって
あるんでしょうか?
スポンサーサイト
別窓 | ヒットを読む | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ファストファッション比較

昨日、クライアント先の会議の帰りにFOEVER21に寄ってきました。
オープンしてからけっこう経つのに、20人ぐらい入場待ち。
いまさらながら、主なファストファッションの比較をしてみようと思います。(GAP、ベネトン、コムサは除く)最近乱立しすぎてよくわからない人多いんじゃないでしょうか。

■ユニクロ:(ファストではないと思いますが、よく比較されるので入れました)

 ・ブランドイメージ(主観):
         パーツとしての服に徹する。ライフスタイルに関係なく、誰もが着られる服を。
          困ったときはユニクロでいいや、と落ち着くポジションなので、無印に近い。
          気軽に汚せる。安かろう良かろう

   ・品質: ブランド物並の縫製。何回洗っても絶対糸が出ない。
         生地や機能にも独自のこだわりが感じられる。

   ・デザイン:無個性。シルエットやカラーはここ数年めきめき良くなってきた。アウターはまだまだ

   ・費用対効果:とても良い

   ・店内:さまざまな大きさ

■ZARA:
  
   ・ブランドイメージ(主観):
          リーズナブルでシルエットがモードかつベーシックアイテムもあるヨーロッパの服。OLがよく着そう

   ・品質:売っているとき必ずどこかしら糸が出てる。生地は数年なんとか持つぐらい。
        とはいえ、厚手の服の場合は一見数万円にも見えたりする。

   ・デザイン:エレガントなものが多く、年齢を問わない。「Vogue」誌を彷彿とさせるシャープでエッジの利いた流行最先端のもの。

   ・費用対効果:普通

   ・店内:さまざまな大きさ
   

■TOP SHOP:

  ・ブランドイメージ(主観):ケイト・モス。装飾的。イギリス人のスナップでよく出てくる

   ・品質:見た限り特に問題なし

   ・デザイン:派手。突然特大のフリルがついてたり、総柄だったりする。

   ・費用対効果:常に使える服ではないため割高。とっておきの一着という感じ。

   ・店内:狭い(というか商品数が少ない)

■H&M:

   ・ブランドイメージ(主観):一流ブランドとのコラボなど、ものすごく話題性が高い。日本でのファストファッションの先駆け的存在

   ・品質:よく見るので外国製品としては普通なのかもしれないが、売っているとき必ずどこかしら
        糸が出てる。生地は粗く、安かろう悪かろう

   ・デザイン:モードカジュアル。売っているときはごく普通tに見えるが、着てみるとシルエットが美しそう

  ・費用対効果:普通

  ・店内:通路が狭いため狭く感じる

■FOEVER21:

  ・ブランドイメージ:激安。ごちゃまぜのカジュアル。109の南国系GALがよく着そう

  ・品質:薄地のものはなんとかワンシーズン持つぐらいで安かろう悪かろう

  ・デザイン:流行関係なさそう

  ・費用対効果:普通
 
  ・店内:とても広いが、通路が狭い


当初「ユニクロ VS H&M」という構図がありましたが、ユニクロは「機能性・品質」を、H&Mは「ファッション性」に重点を置いているので両者は対立しないと思います。

あとH&MやFOREVER21は品質が非常に悪いと言われていますが、それでも激売れするのは消費者が「ファッション性を買っている」からだと思います。今は百貨店が売れない時代ですが、ブランドを背負った「クオリティ」にこだわるあまり、過剰品質の追求→コスト上昇→割高感→売れない悪循環に陥っている、というのがひとつの原因ではないでしょうか。

で、デパートの生き残る道は。。。

「富裕層ビジネス」(コンシェルジュサービス含む)に注目です。
(日本の富裕層ビジネスは手薄なのです)



帰りに竹下通り通ってきたら、昔よく通ってた激安のアクセサリーショップがつぶれてた。。。不況を感じた瞬間。
別窓 | ヒットを読む | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

明日は母の日、家事代行サービスはいかが

明日は母の日ということで、これからさりげなく伸びそうな分野
「家事代行サービス」を紹介します。
car


このサービス、私としては「家政婦は見た!」のイメージなのですが。。
実際はもうちょいシステム化されているらしい。

働くママとか共働きの人ももちろん、ギフトとしてもファミマが扱っています。
ん~TBCのエステ券も一緒についてて、巧いやりかたですな。

例として、最大手「ベアーズ」をチェック。
bears
カスタマイズできるプランを頼んで週1で3時間とすると、
月5万弱で掃除・洗濯はもちろんこどもの送り迎えや食事とか家事に関することなら
なんでもやってくれるっていうのはうれしいですね。
仕事も家事も育児もやらないといけない人とかがそのせいでストレス溜まってるとすると、
非常に負担軽減になりそう。
家に帰ったら寝るだけの多忙な独身の人にも便利そう。

特に、まだまだ日本では家事は女性がやるっていう意識が根強いので、女性の社会進出と
比例して伸びそうです。

HPトップ画面に「メディア情報」と「ニュースリリース」が掲載されているのも
非常にニクい演出だと思います。社会とのコミュニケーションを重視している姿勢、
情報発信に積極的なイメージを受けます。
(意外とこういうのって探さないと出てこない企業が多かったりするんです)


は、自分も家事代行しなきゃ。
人気ブログランキングへ
別窓 | ヒットを読む | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

20代の消費

wedding
昨日は会社の同期の結婚式でした。おめでとう!!
とはいっても、彼女は数ヶ月前に転職してしまっているので久しぶりの再会でした。
自分の夢にまっすぐ沿った生き方をしていくだろう2人でした。
あと数人の同期も続々結婚しそうな雰囲気です。(え?もうそんな歳か・・・)

最近「団塊世代」や「ケータイ世代(今の中高生)へのマーケティングが流行っていますが
20代、特に男性は「消費しない世代」として置いてきぼりにされつつあり、
そこの世代の気持ちをどうやったらつかめるか、に興味があります。
TVも雑誌もみんな、消費精神旺盛な女性に向かっているけど
ファッションビルにしても、メディアにしても男性向けのモノはすごく限られていると思います。

社会人3年目にもなると会社と仕事のギャップが見えてきたり、
将来のキャリアプランを考えあぐねて一人で悩んでたりする人が多いです。
でも普段友達との飲みではみんなそんなのおくびにも出さず、
ただひたすら楽しく軽い、恋バナとか、仕事のネタとか趣味とかに終始しがちです。
うまく人間関係を作るために、必死に取り繕って、空気読んで、本音じゃなくても
言うべきことをいうようにインプットされているように思えます。

20代は消費をしない堅実な世代とよく言われますが、ものごころついたときには
すでにバブル崩壊、高齢化社会を迎えていたんだからしょうがありません。
(やむなく適応したのです)
この世代の特長としては、
・モノを所有する憧れが少なく、クルマやマイホームを欲しがらない(だってモノは溢れているから)
・一方的なメディアを見ない(が、日経や東洋経済などにはステイタスを感じる)

などなど。
これについて、藤井大輔氏の『R25のつくりかた』の読みはとてもおもしろいと思いました。
25

たとえば、マスメディアは信用しないながらも
・「オトナとして、時事問題や最新の経済状況は知ってて当然」という認識は持っている。
それで「WBS見てます」とかいって知ったかぶりする。
なるほど、そうかも(笑
でも、新聞やネットをチラッと見たたけでは、ニュースの背景がわからない。
そこに「空き」を感じて、あえて速報性を捨てニュースの背景を気軽に解説するコラムを設け、
20代のしかも男性にあえて「フリーペーパー」で攻め入って成功したというかなり珍しい例です。
(これも最近定番化して新鮮味が薄れてきているのでまた何かアクションを起こす時期にきているとは思いますが)

モノに憧れを持たない世代ながらも、i-podとかヴィトンとか、必需品じゃないけど
ものすごく売れてるモノが確実に存在します。売れるものと売れないものの違いを考えるのは
とても楽しいことです。
人気ブログランキングへ
別窓 | ヒットを読む | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

村上隆「芸術起業論」

m

美大のデザインコースとはいっても、やっぱ必修はあります。
手のデッサンの課題が出るのですが、とても苦手で
本屋で参考書を物色していたとき、偶然見つけたのがコレです。
これまでも新聞やビジネス誌でチラチラ紹介されてましたが、読み逃してたな。

アートに少しでも興味のある人はぜひ読んでください。
アートなんて世界に何の役にも立たないと思う人も読んでください。
ビジネスの新しいヒントを見つけたい人も読んでください。
アートが何なのかよくわからないけど美術館の人気展につい行っちゃう人も読んでください。
ルイ・ヴィトンはどうして村上隆のアニメ絵なんかとコラボしたのか不思議に思ってる人も読んでください。
秋葉原で売ってそうなロリ女のフィギュアがどうしてオークションで信じられない値をつけたのか知りたい人は読んでください。

「芸術起業論」

世界が村上隆のどこを評価したのかわかったら、価値観ひっくり返ります。
それにしても幻冬舎は毎回おもしろい本を出してくれます。(←上から目線)

ちなみに、今月の「Casa BRUTUS」では特製のお皿が付録についています。ちょっとかわいいかも~。
(これも、コピーライトを使った彼の戦略なのです)
人気ブログランキングへ
別窓 | ヒットを読む | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

無料でできる、システマティックでオリジナルな英語学習

今日のスクーリングパッドは、前パタゴニア社長のジョン・ムーア氏でした。
11年間コピーライターをして電通社長賞もとったことがある凄い人で、今まで知らなかったけど、いろいろ新情報をゲットしました。
そのうちのひとつを。
smart

英語学習サイトの「i know!」がいつのまにか、「smart.fm」に名称変更して内容もちょっと変えたらしいです。
http://japan.internet.com/busnews/20090306/6.html
今は日本人が45万人ぐらいでほとんどを占めていますが、今年末には世界進出して会員を10倍にする見込みとはね・・・

コンピュータが記憶率や認識率を覚えてくれるので、自分でガツガツいけば使い勝手よくカスタマイズできそうな感じがします。ケータイにも対応。こういう英語学習もネットだと無料でできる時代なのね~~。
使用例を書いているブログ発見!ありそうでなかったサービス。Webは、ニッチだらけの世界みたいです。

それにしてもこの会社、広告が1箇所しか見当たらないんだけど収入源はどうなってるのかしら。
渋谷の片隅にオフィスがあるっていうのも身近で気になる。。。
人気ブログランキングへ
別窓 | ヒットを読む | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

OL、そろそろやめません?

日経WOMAN

ここ数年、OLって言葉が引っかかっていた。

そしたら今日、自分と同じことを考えてる人がいるんだってわかった!
「日経WOMAN」で。

OLって誰のこと?
OLってどういう意味?
結婚までの腰掛け?それとも働いてる女の人?
なんか時代が変わりすぎて、昔できた言葉の意味がわからなくなってしまった気がします。

そこで!各界の有名人が、考えてくれました。

フジマキジャパンの藤巻さん:「ワーキングレディ」
精神科医の香山さん:「ビジネスパーソン」
博報堂ケトルの嶋さん:「サラリーウーマン」
他「職業婦人」(渋ッ!

ま、一般的には
看護婦が看護士になったように、
スチュワーデスがキャビンアテンダントになったように、
性差のない用語になるのが無難なんだろう。

個人的におもしろいと思ったのは、
嶋さんの「サラリーウーマン」。
日本的な悲哀や自虐を感じるなあ。。

どうあれ、昔の空気が残るこの言葉は
近い将来世の中で議論されるようになるんだろうと強く思っています。
人気ブログランキングへ
別窓 | ヒットを読む | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

日本元気塾って

元気塾
日本元気塾

デザインやレストランで有名なスクーリングパッドもそうですが、
この経済状況とあいまって最近社会人の学びや教育がすごく注目
されている気がします。六本木のアカデミーヒルズでなにやら
日本を元気にする“塾”がオープンするみたいですね!

フジマキ・ジャパンの藤巻さんとバルスの高島さんとかが
メイン講師になってて注目です。人数はスクーリングパッドと比べると100人と
多いけど、期間が長くてじっくりできそうなのがいいですね。
それに業界を絞らずいろいろなビッグを招いてスピーチをしてもらうので、
幅広い教養をつけたい人にはよいかも。
ただしこれは平日夜開催なので、多いのは自由業か個人事業主だろうな~。
確か以前早稲田の大学院でMBAを取った宝島社の社員さんが
いたと思うんだけど、フルタイムの正社員にとってダブルスクールを
する間には、多くの場合週の大半に定時帰社か時短か休職か辞めるかする
必要が出てくるので、周囲の理解と費用対効果を考えるのにいろいろ悩みそうです。

でも、職場と家の往復になってどうしてもインプットが不足しがちな社会人にとっては
その間に「学」の場を持つことが、自己啓発だけじゃなくて
精神衛生的にもいいと思います。
会社にも日本にも頼れなくなった時代ですからね。
人気ブログランキングへ

別窓 | ヒットを読む | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ACフォーラム2009 現状打破のマーケティング

AC
ACフォーラム2009

今年もACフォーラムが3/14(土)に恵比寿で開催されるらしいです。
2009年で第5回かぁ
とくに日経トレンディ編集長なんかのお話はなかなか聞けないから
都合がつけばぜひ行ってみたい1件!

それとはまったく別件で、行ってみたいとこがあります
来週の説明会で
よかったら後日UP!
人気ブログランキングへ
別窓 | ヒットを読む | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

企業ロゴ

NIKKEI
今日の「THE NIKKEI DESIGN」(日経新聞の時々来る日曜版)は青の特集。
ブルーの企業ロゴを集めたページを発見。
パナソニック、小田急、東京メトロ、コニカミノルタ、みずほとか
ここ数年でできたロゴはブルー系がたくさんあるのね。
高度成長期には赤が多かったのと打って変わって時代の流れが出てるようです。

それとはまた違うけど、不況を反映したロゴのパロディを発見しました。
年末からネットで賑わってたらしい。
情けないやらなんやら。。
【参照】
http://digg.com/comedy/How_Company_Logos_Look_In_A_Recession_PIC

人気ブログランキングへ
別窓 | ヒットを読む | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

今年は、逆チョコ!

チョコ
今年は森永製菓が逆チョコの宣伝をやってるそうだ。DARSとか小枝が対象。
記事
この企画はなかなか斬新であります。ま、中身の向きは普通らしいすけど(--;)

そういえばバレンタインは明治製菓が作り出した風習だっけ?
成熟したチョコレート市場には奇策がいろいろ必要と思われます。
女性から贈るのは日本ぐらいなんだし、両方贈るようになれば市場が倍になるってもんで
各社いろいろ画策しているのでしょう。

これってひょっとしてイベントもやってるのかしら?
あ、22日にやってた
毎日新聞




・・・高田純次でした。


山本裕典と一緒にやるってことは幅広い年齢層をターゲットとしているってことね。
山本裕典知らなかった。

同社のWebに出てるキャッチコピーは
「待つよりも、いっそあげよう。」

なんだか、最近の草食系男子を彷彿させる気がするのは気のせい?


あとワタクシの好きな「Real Design」の最新号にも確かチョコ特集が。
バレンタインに限らず、花一輪とチョコを添えて贈る男ってのもいいですな。
(日本にいるのかなそんな人・・・)

人気ブログランキングへ


別窓 | ヒットを読む | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

amazon「kindle」とケータイ書籍

2007年あたりからアメリカで発売され、品切れ状態tのamazonの電子ブック「kindle」
まだ日本語版はないそうですが、週刊ダイヤモンドや今年正月の日経新聞や
主要オンラインメディアなど、国内でも熱心に取り上げられてきました。
【週刊ダイヤモンド記事】

kindleは、ケータイで読書するのと比べてメリットは大きいのでしょうか。
また、近々の日本上陸はありえるのでしょうか。
ちなみに、私は読書できるケータイもi-phoneもi-pod touchも特に必要なく、持っていません・・・
最新のIT機器に心の距離を置いている人から見た、ポイントをまとめてみました。

Kindle-front.png

・ネーミング:kindle(=火をつける)
・対象:アメリカの大都市に暮らすor足を運び、よく本を読む人
・コンセプト:ワイヤレスでメディアコンテンツのダウンロードができる
・狙い:印刷書籍以外の需要創出、コストカット
・形:ペーパーバックより軽く、ケータイより見やすい大画面

kindleで読書するメリットとデメリットはこんなのでしょうか。

メリット:
・コンテンツが書籍より格安
・ワンクリックで買える
・ワイヤレスでコンテンツがダウンロードできるため手軽
・200-1000冊を保存可能
・ペーパーバックを持ち歩くより軽い
・1回の充電で1週間ほど持つ
・amazonと同じように推奨書籍の表示も出る
・ケータイより適度に大きく見やすい画面
・万一消してしまっても瞬時に再ダウンロードできる

デメリット:
・ハードウェアの購入に約4万かかる
・現在、日本ではケータイのほうが多機能
・取扱に注意が必要
・ページ数が紙媒体と異なる
・バックライト非搭載のため暗いところでは読みにくい
・モノクロ画面でおもしろみに欠ける

日本上陸という噂もあるようですがケータイで書籍が読める環境が充実してきている
日本では専用のハードウェアを購入するのはわずらわしいと感じる人が多く、
ライバルも多いかと思います。
もし自分だったら厚さが2cmとはいえ、通話・メール用端末と読書用端末と音楽用端末と
全部カバンの中に入れたらごちゃごちゃ。
まあ全部こなせる多機能端末を1つ買えばいいんですが、
まだ高価であることや、万一ケータイが壊れると全てのものができなくなるという
デメリットがあるので、意図的にバラバラにしています。
本場アメリカでも、多機能ケータイの出荷数のほうが圧倒的に多いです。
【NBonline記事】

しかし、実際使った人のレビューを見てみると、発売当初よりも☆が上がっています。
もし自分が持ってみたら違うのかもしれないですね。

【米amazonのレビュー】

日本でももし普及するならば、欲しがる若年層もいるでしょうが
実用性から見ても電子ブックに向いているコンテンツと向いていないものが
あるため、売れ線のコンテンツは非常に偏ってくるでしょう。
kindleの形態や外出先で見ることが多いと想定すると、新聞・一般誌・マンガ・小説などは
十分使用に耐えられるかと思います。
しかし、実際にさわれる紙でとっておきたいと思うメディアも多々あります。
多くの人もそうではないのでしょうか。

<参考記事>
【ケータイWatch】
【CNET Japan】
【wired vision】




別窓 | ヒットを読む | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 30秒で知っとこ☆今週の気になるベストヒット☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。