30秒で知っとこ☆今週の気になるベストヒット☆

流行と宣伝のあいだを解説するゆるいブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

twitterはじめました

スクーリングパッドつながりで、twitterを始めてみました。
イラストをアイコンと背景に!
http://twitter.com/shio_n

1ヶ月ぐらい最初のコメント「ひましてる」で放置してたのに
何人かの外人にフォローされている。。

ブログより簡単で気楽で、くだらないことが似合いそうだなー。


スポンサーサイト
別窓 | スクーリングパッド | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

空気を読んでポジショニング

スクーリングパッド修了!
打ち上げで、自分のなかでクリーンヒットしたネタがあったのでUPします。
カクテル


「カラオケで、あの人は何を歌いそうですか?」


これは、まさに集団内のポジショニングを象徴する質問だと思う!!
Σ( ー△ー;)

ちなみに、自分は「一青窈」で満場一致しました。
派手ではないけど味がある、みたいな?←自分でいうな

実際は、一曲も歌えません。「もらい泣き」練習しようっと。

また、ある子は
「Charaだよね」
「絶対ボンジョビ」
「ガンダム」
「大塚愛」「中島美嘉」
「小柳ゆき」(別の意味で唄い上げる系)

あと、
「誰も知らないような洋楽」
の人もいました(しかも訊いたら本当に大当たりでこれまた微妙)


最近「一億人を動かす技術」という大げさな名前の本を青山ブックセンターで偶然みつけて
読んでいたら「ポジショニングがすごい大事」という話が出てきておもしろいと思いました。
著者は「世界まるみえ」「世界一受けたい授業」とかヒット番組を演出している
TVプロデューサー(ご同輩)です。TVマンが書いた本は読んだことがなくて、何考えてるのか
わからなかったので役立ちました。

売れるTV番組をつくったり、売れるタレントになったり、
売れる司会者(紳助みたいなの)になったりするためには
ポジショニングが欠かせない。しかも固定じゃなくてTPOに応じて柔軟にかわるやつ。
バラエティって今までタレントが一生懸命しゃべってるだけだと思ってたけど、
実際はいいポジションを取るために熾烈な争いが繰り広げられていることでしょう。

人がいったん集まると、「王子キャラ」「天然キャラ」とか、キャラに応じた振る舞いを無意識に
求められますよね。わかりやすいキャラのほうが扱いやすくて人気を得ていたような気がします。
自分はパッと見でキャラ設定されるタイプではないので、スクーリングパッドでは
「なに考えてるかわかんないけどとりあえずクールな人」的な扱いを受けていたような。。--;
会社とは違うキャラだ!

カラオケにたとえると、「唄いそうな歌」と「本当に唄う歌」がいいギャップだったら強いんだけど
逆の場合は「ポジショニングに失敗している」ということが明らかになってしまいます。
いやー、わかりやすい例だ。他でもネタに使おうっと。

ちなみに、わたくしが実際に歌うのは大塚愛。

別窓 | スクーリングパッド | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

スクーリングパッドセッション初回

さくら

ふいに1週間飛ばしてしまった。。
この不況でフィーが減った割には仕事量が膨大になったし、
GWはイベント対応で3~4日は休日出勤だし、
美大の履修登録も考えないといけないし、
土日も前みたいにゆっくりしてられなくなってきて最近休めてません。
美大は通信で教科書が超親切なので(驚き!)
論理的な文章の書き方とか、前の大学よりもマジメにやることになりそう。

そんななかで、スクーリングパッドがいよいよ始動しました。
今回は、東京画廊の山本豊津氏から現代アートのセッション。

・東京画廊:http://www.tokyo-gallery.com/
・山本豊津 氏プロフィール/ Hozu Yamamoto
 http://www.schooling-pad.jp/gdesign/kousi/yamamoto.shtml

一番印象に残ったのは、
横浜トリエンナーレとか、アートイベントが最近流行っているけども、
本来日本人がやるべきプロデューサーを外国の有名なデザイナーに委託して
がっぽり外貨として持っていかれてしまうという問題。
日本は文化で国際競争力を高めるために、独自の解釈によるアートと
世界に誇れるホスピタリティやクオリティをもって巧く情報発信していかないと
いけない。

この点に関しては、お人よしの日本は
中華思想で自国のアートの価値を常に高めようとする
中国を見習わないといけませんな。

ちょうど紹介されてた『クリエイティブクラスの世紀』がおもしろそうなので今日読みます。
人気ブログランキングへ
別窓 | スクーリングパッド | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

スクーリングパッド

スクーリングパッド

子供のころからずーーっと、アート・デザインにただならぬ興味があります。
選択肢はいろいろあるけれど、選べるカードは1枚。

そこで、今は「デザインについて考える環境」のカードを引き抜き、
昨日、世田谷のものづくり学校にあるスクーリング・パッドの説明会に行ってきました!
ここの“学校”は、以前今の会社の先輩も何人か行ってて社内では有名なところ。
学部は看板の「デザインコミュニケーション」「ブック」「映画」「レストラン」とかがあります。
設立したのがIDEE創始者の黒崎さんということもあって、講師陣がすごい豪華で
小山薫堂さんや箭内道彦さんとか現役一流の人の話がライブで聞けるし
他学部でも聴講で聞きにいけます。

この”学校”の特徴は、自分で答えを見つけなきゃならないところなんです。
専門技術を教えるとか、一切なし。「人脈を作る」「仕事につなげる」とか
生臭いガツガツさもなく、かといってカルチャースクールみたいな緩いノリではないです。

「デザインコミュニケーション」学部では、これからの日本でデザインを通して
何ができるのか?自分はデザインを通して何をしたいのか?
について、3ヶ月ひたすら講師と仲間と議論し、デザインに造詣の深い友達を作り、
飲みに行き、イベントをやり、考えようと思います。

人気ブログランキングへ
別窓 | スクーリングパッド | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 30秒で知っとこ☆今週の気になるベストヒット☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。