30秒で知っとこ☆今週の気になるベストヒット☆

流行と宣伝のあいだを解説するゆるいブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

一流の広告マンに共通すること

ちょっとあざといタイトルをつけてしまいました

3ヶ月のスクーリング・パッドもちょうど折返し地点に来ました。
嶋浩一郎氏や高松聡氏など、広告業界の第1線にいるクリエイターが来てくれるのですが、
それぞれキャラや手法はちょっとずつ違うといえども、共通点を発見。

・一番大きな共通点:
予算はどうあれ、従来のマスメディアを前提にせず課題に対して最適な手法を考え抜く力

広告業界では実は何十年も前から言われていることですが、つい「儲かって楽な」従来の手法に頼ってしまいがちです。もちろんPRの場合も、フィーが少ないと「リリースと記者発表会」という定番メニューを組みがちです。凝るとどうしても費用がかかるので、「社長が講演しておわり」とか。
でも、たとえ費用がゼロでも、高リスクでも、誰も見たことのないようなアイデアあふれるプロフェッショナルなコミュニケーション手段を、そのクリエイター達は考えていました。
コレは明日からすぐに生かせそうだ!あとPRの先進国アメリカの事例も見といたほうがいいと思いました。

金融危機が起きた中でもPR業界はどうやら右肩上がりに伸びているらしいですが、
まだまだ規模が741億円しかない小さな小さな小さな世界です。(どっかの会社の売上?みたいな感じ)

順調だからといって思考停止していては、すぐに飲み込まれてしまう!
と、小さな危機感を感じてます。
スポンサーサイト
別窓 | PRの仕事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

全員が記者になる時代のPR

PR

今までのPRは、会社が自社の新商品やサービスとかを社会に知ってもらいたいとき、広報部が作成した「プレスリリース」を新聞とか雑誌とかTVとかのメディアに送って記事を書いてもらうのが基本だった。それが、今ちょっと変わった試みがある。「みんなマスメディア見てないんだから、そんなまどろっこしいことしてないで直接消費者にリリースを送ったほうが早いじゃん!」と考える人が出てきたのだ。このアイデアはアメリカで数年前に書かれた本『マーケティングとPRの実践ネット戦略』で読めるし、日本でもベンチャーがいくつかやっていて、けっこうおもしろい。

「パワーブロガー」と呼ばれる超人気ブロガーを利用した一種のバズマーケティングで、「リリースを送るから好きなように記事を書いてください」→「ブログにUP」→「それを見た他のブロガーに波及」という狙いがある。(もちろん、普通の人にキャッチーなように写真を大きくしたり、親しげな言葉を使ったりする)みんなが情報発信をする時代だからできるサービスだ。

PRの世界では、いかに最適な対象メディアと切り口を考えておもしろい記事を記者に書いてもらうかが勝負だったのだが、これを根本からひっくり返すかのようなアイデアがすごい。マスメディアの存在意義が問われるかも。

ただ、よくよく聞くと日本では「好きなように記事を書いてください、そしたら報酬をさしあげます」というシステムをやっている会社もある。PR会社としては「それって広告みたいじゃん!自由な意見を書くのはいいけど、お金をもらって書いたってことがわかったら消費者は信じないよ!」という意見で、それをサービスとしてクライアントに提供するとPR会社の優位性である「メディアを通した信頼性」が崩れてしまう。

直接リリースを消費者に届けるというコンセプトはすごくおもしろいと思うけど、ネットでも広告(掲載する側がお金をもらう)なんだかPR(両者にお金が発生しない)なんだかの立ち位置バランスを理解しておかないといけないと思う。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ファストファッション比較

昨日、クライアント先の会議の帰りにFOEVER21に寄ってきました。
オープンしてからけっこう経つのに、20人ぐらい入場待ち。
いまさらながら、主なファストファッションの比較をしてみようと思います。(GAP、ベネトン、コムサは除く)最近乱立しすぎてよくわからない人多いんじゃないでしょうか。

■ユニクロ:(ファストではないと思いますが、よく比較されるので入れました)

 ・ブランドイメージ(主観):
         パーツとしての服に徹する。ライフスタイルに関係なく、誰もが着られる服を。
          困ったときはユニクロでいいや、と落ち着くポジションなので、無印に近い。
          気軽に汚せる。安かろう良かろう

   ・品質: ブランド物並の縫製。何回洗っても絶対糸が出ない。
         生地や機能にも独自のこだわりが感じられる。

   ・デザイン:無個性。シルエットやカラーはここ数年めきめき良くなってきた。アウターはまだまだ

   ・費用対効果:とても良い

   ・店内:さまざまな大きさ

■ZARA:
  
   ・ブランドイメージ(主観):
          リーズナブルでシルエットがモードかつベーシックアイテムもあるヨーロッパの服。OLがよく着そう

   ・品質:売っているとき必ずどこかしら糸が出てる。生地は数年なんとか持つぐらい。
        とはいえ、厚手の服の場合は一見数万円にも見えたりする。

   ・デザイン:エレガントなものが多く、年齢を問わない。「Vogue」誌を彷彿とさせるシャープでエッジの利いた流行最先端のもの。

   ・費用対効果:普通

   ・店内:さまざまな大きさ
   

■TOP SHOP:

  ・ブランドイメージ(主観):ケイト・モス。装飾的。イギリス人のスナップでよく出てくる

   ・品質:見た限り特に問題なし

   ・デザイン:派手。突然特大のフリルがついてたり、総柄だったりする。

   ・費用対効果:常に使える服ではないため割高。とっておきの一着という感じ。

   ・店内:狭い(というか商品数が少ない)

■H&M:

   ・ブランドイメージ(主観):一流ブランドとのコラボなど、ものすごく話題性が高い。日本でのファストファッションの先駆け的存在

   ・品質:よく見るので外国製品としては普通なのかもしれないが、売っているとき必ずどこかしら
        糸が出てる。生地は粗く、安かろう悪かろう

   ・デザイン:モードカジュアル。売っているときはごく普通tに見えるが、着てみるとシルエットが美しそう

  ・費用対効果:普通

  ・店内:通路が狭いため狭く感じる

■FOEVER21:

  ・ブランドイメージ:激安。ごちゃまぜのカジュアル。109の南国系GALがよく着そう

  ・品質:薄地のものはなんとかワンシーズン持つぐらいで安かろう悪かろう

  ・デザイン:流行関係なさそう

  ・費用対効果:普通
 
  ・店内:とても広いが、通路が狭い


当初「ユニクロ VS H&M」という構図がありましたが、ユニクロは「機能性・品質」を、H&Mは「ファッション性」に重点を置いているので両者は対立しないと思います。

あとH&MやFOREVER21は品質が非常に悪いと言われていますが、それでも激売れするのは消費者が「ファッション性を買っている」からだと思います。今は百貨店が売れない時代ですが、ブランドを背負った「クオリティ」にこだわるあまり、過剰品質の追求→コスト上昇→割高感→売れない悪循環に陥っている、というのがひとつの原因ではないでしょうか。

で、デパートの生き残る道は。。。

「富裕層ビジネス」(コンシェルジュサービス含む)に注目です。
(日本の富裕層ビジネスは手薄なのです)



帰りに竹下通り通ってきたら、昔よく通ってた激安のアクセサリーショップがつぶれてた。。。不況を感じた瞬間。
別窓 | ヒットを読む | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

明日は母の日、家事代行サービスはいかが

明日は母の日ということで、これからさりげなく伸びそうな分野
「家事代行サービス」を紹介します。
car


このサービス、私としては「家政婦は見た!」のイメージなのですが。。
実際はもうちょいシステム化されているらしい。

働くママとか共働きの人ももちろん、ギフトとしてもファミマが扱っています。
ん~TBCのエステ券も一緒についてて、巧いやりかたですな。

例として、最大手「ベアーズ」をチェック。
bears
カスタマイズできるプランを頼んで週1で3時間とすると、
月5万弱で掃除・洗濯はもちろんこどもの送り迎えや食事とか家事に関することなら
なんでもやってくれるっていうのはうれしいですね。
仕事も家事も育児もやらないといけない人とかがそのせいでストレス溜まってるとすると、
非常に負担軽減になりそう。
家に帰ったら寝るだけの多忙な独身の人にも便利そう。

特に、まだまだ日本では家事は女性がやるっていう意識が根強いので、女性の社会進出と
比例して伸びそうです。

HPトップ画面に「メディア情報」と「ニュースリリース」が掲載されているのも
非常にニクい演出だと思います。社会とのコミュニケーションを重視している姿勢、
情報発信に積極的なイメージを受けます。
(意外とこういうのって探さないと出てこない企業が多かったりするんです)


は、自分も家事代行しなきゃ。
人気ブログランキングへ
別窓 | ヒットを読む | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

20代の消費

wedding
昨日は会社の同期の結婚式でした。おめでとう!!
とはいっても、彼女は数ヶ月前に転職してしまっているので久しぶりの再会でした。
自分の夢にまっすぐ沿った生き方をしていくだろう2人でした。
あと数人の同期も続々結婚しそうな雰囲気です。(え?もうそんな歳か・・・)

最近「団塊世代」や「ケータイ世代(今の中高生)へのマーケティングが流行っていますが
20代、特に男性は「消費しない世代」として置いてきぼりにされつつあり、
そこの世代の気持ちをどうやったらつかめるか、に興味があります。
TVも雑誌もみんな、消費精神旺盛な女性に向かっているけど
ファッションビルにしても、メディアにしても男性向けのモノはすごく限られていると思います。

社会人3年目にもなると会社と仕事のギャップが見えてきたり、
将来のキャリアプランを考えあぐねて一人で悩んでたりする人が多いです。
でも普段友達との飲みではみんなそんなのおくびにも出さず、
ただひたすら楽しく軽い、恋バナとか、仕事のネタとか趣味とかに終始しがちです。
うまく人間関係を作るために、必死に取り繕って、空気読んで、本音じゃなくても
言うべきことをいうようにインプットされているように思えます。

20代は消費をしない堅実な世代とよく言われますが、ものごころついたときには
すでにバブル崩壊、高齢化社会を迎えていたんだからしょうがありません。
(やむなく適応したのです)
この世代の特長としては、
・モノを所有する憧れが少なく、クルマやマイホームを欲しがらない(だってモノは溢れているから)
・一方的なメディアを見ない(が、日経や東洋経済などにはステイタスを感じる)

などなど。
これについて、藤井大輔氏の『R25のつくりかた』の読みはとてもおもしろいと思いました。
25

たとえば、マスメディアは信用しないながらも
・「オトナとして、時事問題や最新の経済状況は知ってて当然」という認識は持っている。
それで「WBS見てます」とかいって知ったかぶりする。
なるほど、そうかも(笑
でも、新聞やネットをチラッと見たたけでは、ニュースの背景がわからない。
そこに「空き」を感じて、あえて速報性を捨てニュースの背景を気軽に解説するコラムを設け、
20代のしかも男性にあえて「フリーペーパー」で攻め入って成功したというかなり珍しい例です。
(これも最近定番化して新鮮味が薄れてきているのでまた何かアクションを起こす時期にきているとは思いますが)

モノに憧れを持たない世代ながらも、i-podとかヴィトンとか、必需品じゃないけど
ものすごく売れてるモノが確実に存在します。売れるものと売れないものの違いを考えるのは
とても楽しいことです。
人気ブログランキングへ
別窓 | ヒットを読む | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 30秒で知っとこ☆今週の気になるベストヒット☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。