30秒で知っとこ☆今週の気になるベストヒット☆

流行と宣伝のあいだを解説するゆるいブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

一流の広告マンに共通すること

ちょっとあざといタイトルをつけてしまいました

3ヶ月のスクーリング・パッドもちょうど折返し地点に来ました。
嶋浩一郎氏や高松聡氏など、広告業界の第1線にいるクリエイターが来てくれるのですが、
それぞれキャラや手法はちょっとずつ違うといえども、共通点を発見。

・一番大きな共通点:
予算はどうあれ、従来のマスメディアを前提にせず課題に対して最適な手法を考え抜く力

広告業界では実は何十年も前から言われていることですが、つい「儲かって楽な」従来の手法に頼ってしまいがちです。もちろんPRの場合も、フィーが少ないと「リリースと記者発表会」という定番メニューを組みがちです。凝るとどうしても費用がかかるので、「社長が講演しておわり」とか。
でも、たとえ費用がゼロでも、高リスクでも、誰も見たことのないようなアイデアあふれるプロフェッショナルなコミュニケーション手段を、そのクリエイター達は考えていました。
コレは明日からすぐに生かせそうだ!あとPRの先進国アメリカの事例も見といたほうがいいと思いました。

金融危機が起きた中でもPR業界はどうやら右肩上がりに伸びているらしいですが、
まだまだ規模が741億円しかない小さな小さな小さな世界です。(どっかの会社の売上?みたいな感じ)

順調だからといって思考停止していては、すぐに飲み込まれてしまう!
と、小さな危機感を感じてます。
スポンサーサイト

別窓 | PRの仕事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「村上春樹」の宣伝パターン | 30秒で知っとこ☆今週の気になるベストヒット☆ | 全員が記者になる時代のPR>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 30秒で知っとこ☆今週の気になるベストヒット☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。