30秒で知っとこ☆今週の気になるベストヒット☆

流行と宣伝のあいだを解説するゆるいブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

造形基礎Ⅱ

ムサビ造形基礎2スクーリング課題


今日まで連続3日間、武蔵野美術大学通信過程の面接授業(スクーリング)でした。
1日7時間ぐらい描くのに加えて、鷹の台までの通学でぐったりと疲労する。。。
しかも昨日はバッグを探しに新宿まで行っちゃったりして。(しかも迷う)

3日間もかけて絵を描いたなんて初めてで、しかも木炭とコンテを使って描いたのも初めてという
わけわからない状態。木炭画を描くために布が必要とは知りませんでしたい。

問題の絵を、私の停波寸前2Gケータイで撮影!
課題は「焦げた直方体の木材を描く」という極めてシンプルなもの。
全部で60人ぐらい?いたけどこういう簡素なお題ほど個性が発揮しやすいね。

細密画っぽい絵、朴訥な絵、シュールな絵、ファンタジックな絵、堂々とした絵とか
1枚1枚違ってとてもおもしろかった。

自分が受けた講評では「詩的」「物語性がある」「雰囲気にモヤモヤ感がある」というもの。
この個性は他の絵でも、どんなソフトや画材でも一貫してアピールしてくべきだ。
(写実で戦うのをやめたとも言えるけど。。だって技術は上に上がいるんだもん)
課題といえば絵のスケール。これはB2サイズでこれまた初めての巨大さだったけど、
他の人と比べるとかなり小さかった。見栄えは大切だわー。展覧会に出すときは絶対A1以上にしようっと。

スポンサーサイト

別窓 | 美大 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<グラフィックデザイン基礎Ⅰ | 30秒で知っとこ☆今週の気になるベストヒット☆ | TVCMと企業の内側>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 30秒で知っとこ☆今週の気になるベストヒット☆ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。